京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。

前回のお話➡第1話第2話
 長年社会人をやってると、自分なりの「人の判断の仕方」というものができあがってくる。前回までに挙げた「仕事ができると思う瞬間」は、①メールのレスが早く、②時間を守り、
目的を意識しているの3点だった。この3つを持っていたら、かなり高い確率で仕事ができる人なのだが、今回も個人的に「ああ、この人、仕事できるんだろうな」と思う瞬間を列挙してみよう。


4.メモをとる

 デジタル、アナログは問わず、できる人はメモをとるものだ。だから、常に紙とペン( デジタルデバイス)を常備している。自分の記憶を当てにしないのだろう。また、業務管理を漏れなく行おうという姿勢の表れが伺えて、よい印象をうける。こういう人には、うっかりミスが少ない。


5.残業前提で仕事をしない

 帰宅が早い人は、仕事ができる(仕事が終わってないのに帰るのは言語道断だが)。時間配分がうまく、ムダを省く習慣があるのだろう。定時で終わらせることを前提に動いていて、就業中の集中力の高さと処理スピードの早さは半端ない。あと、昼食の時間が極端に短かったりするのも特徴だ。


6.条件反射でしゃべらない

 考えてから発言する人には…。

次号Vol.54(6月30日発行)につづく


すの木労務経営管理事務所    

📠075-954-9080

社会保険労務士 楠 木 仁 史

大山崎町下植野宮脇1-22 


くすの木先生のお話全話はこちらからご覧になれます。


掲載記事⇩
楠木さん➌_Vol53


■Vol.53 P3に掲載
P3


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  • タムさんのお話 第46話「粒マスタードを作る」
  •  このへんの人々「ヤンキーとヨット」
  •  このへんの人々「ヤンキーとヨット」
  • 就労継続支援A型事業所の運営 「Go Way」(長岡京市)
カテゴリー