京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
前回まではこちらへ⇒靴職人① 靴職人②靴職人③靴職人④

靴職人5


大山崎の自宅をアトリエに靴ブランド「aratasakai」を設立。自らデザインを考えて、革を裁断・縫製する靴職人・酒井さんの第4話。

マッケイ製法の短靴もいよいよ、今回で完成です。


coffee2



おさらい【マッケイ製法】

中底と甲革と外底を内側で縫う製法です。

マッケイ製法

酒井さんとアッパーと外底_前号の続き


➓外底をつけて縫う
外底とアッパーをボンドで接着後、包丁でコバを整え、1~2日乾燥させる。
糸と同じ幅、深さの溝を外底に彫る。
甲革と中底、外底を合わせる縫製は、マッケイ専用ミシンのある縫製会社に
依頼。

9_コバをそいで



ステッチンググルーバー


⓫ヒールをつける
縫製を終えたアッパーの外底にヒールを重ね、穴を開けてペース(木釘)を打つ。

10_ヒールをつける


⓬コバを仕上げる
包丁や鉄やすり、薄いガラス片、3種類の耐水性紙やすり(以下ペーパー)を使って、外底とヒールの形を整え磨きながら、ヒール用こてをコバに押し当てて固めていく。


11_ガラスで削る


11_ヒール用こてを当てる

12_銀層


⓭底面を仕上げる
ガラス片で底面の銀(革の一番上の薄いところ)をむき、粗目から細目へとペーパーを取り換えて磨いていく。
ロウ仕上げをしない底面は、ふのり(海藻を溶かしたもの)で磨く。
ロウ仕上げの箇所を靴用インクで染め、同色のロウを塗る。

12_ロウ仕上げ

電熱器で温めたコテでロウを溶かしながら、凸凹をならし、ウェス(拭き取り用布)で磨き上げる。

12_いちょうこて


⓮トップリフトに化粧釘(真鍮製)を打つ

13_トップリフトに化粧釘


⓯ラストから靴を外す
靴抜き型器を使って、靴を抜く。

14_ラストを抜く


⓰中敷きやスポンジを貼り、ひもを通して靴全体を磨いて完成。

【販売は個展や展示会で】
 「直接お客様に会ってお勧めできるから」とこのスタイルに。


chef展示風景9


15_靴紹介


 革雑貨のWS(ワークショップ)や販売も行っています。酒井さんの作品に手で触れたい方は、ホームページなどで情報をご確認ください。

IMG_2021_カラー

パブーシュWSの様子
会場となったプオルッカさん(ツム・グ・ハグVol掲載)では、酒井さんの革小物を販売中。


aratasakai 

⇩インスタグラム
qr20200615221213526




Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
カテゴリー