京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
くすの木労務管理事務所


コロナにかかった場合も、労災認定されることがある。ただし条件がある。労基法における伝染病の労災認定は、業務起因を前提として次が対象となる。患者診療や看護業務、介護業務、研究その他の病原体取扱業務→要は医療職や介護職、研究職。当該疾病付随の疾病やその他細菌、ウイルス等病原体暴露業務→要は除菌清掃業等。

ただし、その疾病が本当に業務に起因するのか業務外に起因するのかの特定が困難なことが問題となる。よって、業務外休業とみなして傷病手当金を受給することもひとつの方法となる。労災適用に対しても、今回は緩和的取り扱いとする通達があった。具体的には以下の3つ。

1、医療介護職は、業務外感染が明白でない限りは労災認定
2、医療従事者以外でも、明らかな業務中感染なら労災認定
3、医療従事者以外、感染経路不明確でも業務中の感染可能性が高い場合は個別判断(感染者発生事業所内勤務、不特定多数と接触する営業職等)。

3の個別判断だが、営業職でも労災認定の可能性がある。労災であれば医療費は全額給付され、労働不能であれば平均賃金(説明省略)の80%の休業補償が約束される。

☎&📠075-954-9080
社会保険労務士 楠 木 仁 史
大山崎町下植野宮脇1-22  

くすの木先生のお話全話はこちら

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
  • Pave natureさんとコラボで「マルシェバッグ」ができました!
カテゴリー