京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
第1話はこちら

亭主様、前号でカルロ・ジノリ侯爵(以下ジノリ侯爵または侯爵)は、ドッチアに窯を造りましたね。

「トスカーナ大公国の議員で実業家のジノリ侯爵は、鉱物学にも詳しく、さまざまな地域から土を集め、土の配合や顔料の発色を研究するなど勢力的に動いた。

1737年、トスカーナ大公国ではメディチ家最後の大公がなくなり、オーストリア・ハプスブルク家のマリア・テレジアの夫、フランツ・ステファン(   のち のフランツ1世・神聖ローマ皇帝)が大公を継承した。マリア・テレジアといえば、『デュ・パキエ窯』を買い取り、『ウィーン磁器工房』として再出発させたのは記憶に新しいな。

侯爵は、市議としてウィーンへ視察に出かけた折には、デュ・パキエ窯を訪問し自ら製法を学んだ。また、有名な絵付け師アンライターや技術者と会い、フィレンツェへ招いたり、自国の優秀な彫刻家ブルスキを成型デザイナーとして雇ったんや。

1737年に国に求めていた硬質磁器の独占生産権が1741年に許可されると、本格的に生産が始まっていった。

開窯当初は熟練した職人が少なく、1点ものや「スタンピーノ」(文様を切り抜いた型紙を器にあてて筆や刷毛などですり込む)技法の作品が多かったが、ウィーンから招いた絵付け師たちの指導で次第に職人が増え、作品の種類も増えていったんや」。 つづく

ジノリ2話
第3話はこちら 全話はこちらへ

直輸入ブランド洋食器専門
ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557   HP  http://www.le-noble.com/ 


【紙面版】

10



Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第14話
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第14話
  • 靴職人 第4話
  • 靴職人 第4話
  • 靴職人 第4話
アーカイブ
カテゴリー