京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。

亭主様、お久しぶりです。さて、今回はどんなお話で再スタートですか?

「ヨーロッパ3番目の窯の話をしよう。1710年にドイツの『マイセン』がヨーロッパ初の硬質磁器作りに成功。それをみてヨーロッパ各国は、マイセンにスパイを送りこんだり、人を引き抜くなど手段を択ばず2番目の窯を目指した。やがてオーストリアの『デュ・パキエ窯』(のちの『ウィーン磁器工房アウガルテン』)が磁器作りに成功したのは、ご存知の通り。

そして舞台は、イタリアへ。『マイセン』を出て『ウィーン磁器工房』で働いていた絵付師フンガーをベネチアのヴェッツィ窯が引き抜き、マイセンと同じ土を入手できるようになると、1720年磁器作りに成功。しかし、喜びも束の間、経営の悪化やマイセンと同じ土の入手が困難になるなど問題が続き、7年で窯は閉鎖したんや。

その8年後、舞台はフィレンツェ、当時のトスカーナ大公国へ移る。かつてフィレンツェは、ルネサンス文化の中心として毛織物業で栄えていたが、国を治めていたメディチ家とともに衰退の一途やった。その国の侯爵で議員やったカルロ・ジノリは、自国の衰退を憂い、再び繁栄をもたらすには硬質磁器の生産が必要と考え、1735年にドッチアにある自分の別荘に窯を開いた。のちの『リチャード・ジノリ陶磁器会社』となる『ドッチア窯』、第3の窯の登場や」。     次号へつづく

ジノリ1
続きはこちらへ

直輸入ブランド洋食器専門

ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557   HP  http://www.le-noble.com/ 

【紙面版】

 リチャードジノリ

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • 増築せずに収納を増やす 
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第14話
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第14話
  • 靴職人 第4話
  • 靴職人 第4話
  • 靴職人 第4話
アーカイブ
カテゴリー