京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
*前回までのお話はこちら⇒第8話第7話第6話第5話第4話第3話第2話第1話

 「インドの華」は元は日本磁器の「柿右衛門」なのに、なぜ「インド」と?

 「西洋人はアジア各国の違いが判らず、まとめて「インド」と言ってた。また、マイセンの主アウグスト王が天才絵師ヘロルドに「柿右衛門」の写しを命じるときに、「インド風の写しを」と言ったそうや。マイセンの「柿右衛門」風は、大変人気を呼んだ。それから1世紀が経ち、ヘレンドはマイセンの「インドの華」を蘇らせたんや。

 ナポレオン皇妃ウージェニーは、万博会場でこの『インドの華』を見て注文。次期万博開催国として視察に訪れていたオーストリアのフランツ・ヨーゼフ皇帝夫妻を宮殿に招き、ディナーでこの器を使ったんや。

 日本館の展示ブースでは、幕府や佐賀藩が『小皿に煎茶椀をのせて珈琲椀』という風に、日本の器を西洋でも使えるように説明し売っていた。訪れた欧州の専門美術家たちは*「高貴なペルシャ絨毯とも見まがうほどに精緻で端麗な藩窯の色鍋島」を見て驚き、ウ―ジェニー皇妃は有田焼の猿の舌出し人形をたくさん買ったそうや。 

  パリ万博は5万2千の出展者数を集め、ヘレンドではモールが磁器製作所主として銀メダルを受賞。日本は多くの品が高評価を受け、アジアで唯一グランプリを受賞。個人の入賞も多数あった。

 受賞後、『日本』は『インド』地域ではないとはっきり認識され、その文化に魅了された人々は暮らしや芸術など、いろいろな分野にジャポニスム(日本趣味)を取り入れていったんや」。  つづく
*引用文献:『有田窯業側面史(明治編)』 松本源次 麦秋社 P71

ヘレンド


直輸入ブランド洋食器専門
ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557   HP  http://www.le-noble.com/ 


参考文献

『Herendi porcelain Magyarorszagagrol』(ヘレンド展 編集 大阪市立東洋磁器美術館)

『HEREND』(ハンガリーの名窯「ヘレンド陶磁名品展」図録)

日本側監修:前田正明 翻訳:六嶋由岐子 発行:朝日新聞社文化企画局 大阪企画部

 

ル・ノーブルHP ヘレンド190周年ほか

 

「ヨーロッパ宮廷陶磁の世界」前田正明・櫻庭美咲 角川選書

「19世紀ハンガリー磁器産業における企業活動―ヘレンド社の戦略」高田茂臣

 
『ハンガリーの歴史』 南塚信吾 河出書房新社

『ハンガリーの建築スタイル紀行―ジョルナイ工房の輝き』

パルフィ・ジョージ デーヴェーニー・シャーンドル チェンケイ・エーベニー INAX出版

『ロシア、中・東欧ユダヤ民族史』ブレブク・アニコー著・寺尾信昭訳 彩流社

『ユダヤ人の成功と悲劇-資本主義と民族主義への対応-』ジェリーZ.ミューラー著 千葉啓恵訳 一灯社

『ハンガリーを知るための47章』羽場久浘子編集 明石書店

『博覧会の政治-まなざしの政治学』吉見俊哉著 中公新書

『改訂版 万国博覧会―技術文明的に―』吉田光邦著 NHKブックス

『大英帝国博覧会の歴史』 
松村 昌家著 ミネルヴァ書房

『ハプスブルク帝国の鉄道と汽船』 佐々木洋子著 刀水書房

『皇妃エリザベートを
巡る旅』沖島 博美著 河出書房新社

ほか

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 1000万円台でつくる ③ デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第10話
  • 知ってる?科 補足編『代表的日本人』上杉鷹山
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
カテゴリー