京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
*前回までのお話はこちら⇒第7話第6話第5話第4話第3話第2話第1話

 1867年パリ、2度目の万国博覧会。開国にゆれる日本が初参加ですね。

  「フランスはナポレオン3世の時代。前回のロンドン万博に対抗し、より多くの地域からの参加と産業・芸術の振興を目指して、開催を決定。

 フランス政府から招待を受けた徳川幕府は、『日本』としての参加を条件に各藩や商人などへ出展を募った。しかし、国内は開国や倒幕で動揺。すでに藩士を海外に入国させ、水面下で取り引きを計画していた佐賀(肥前)藩と薩摩藩、商人2人が申し出ただけだった。

 倒幕後を見据えた薩摩藩は先にフランス入りして別枠を借り、日の丸と藩旗を揚げたんや。幕府は猛抗議したが薩摩藩は強行。海外からは幕府・佐賀・薩摩3政府の連邦国家のように見られた。

 そして4月。およそ20万坪の会場に5万2千の出展者を集めて盛大に開催されたんや。

 日本からは幕府が官服や武器、浮世絵、漆器、陶器、和楽器など。佐賀藩と薩摩藩は『伊万里』などの有田焼や薩摩焼の陶磁器を中心に、食品や織物、籐や竹細工などを集め出品したんや。

 ヘレンドは35箱にもなる磁器をパリへ送った。その中には有田磁器『柿右衛門』の写しをアレンジした『インドの華』があった。え? なぜ、品名に『インド』をつけるのかって?」。つづく


ヘレンド8話


直輸入ブランド洋食器専門
ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557   HP  http://www.le-noble.com/ 


参考文献

『Herendi porcelain Magyarorszagagrol』(ヘレンド展 編集 大阪市立東洋磁器美術館)

『HEREND』(ハンガリーの名窯「ヘレンド陶磁名品展」図録)

日本側監修:前田正明 翻訳:六嶋由岐子 発行:朝日新聞社文化企画局 大阪企画部

 

ル・ノーブルHP ヘレンド190周年ほか

 

「ヨーロッパ宮廷陶磁の世界」前田正明・櫻庭美咲 角川選書

「19世紀ハンガリー磁器産業における企業活動―ヘレンド社の戦略」高田茂臣

 
『ハンガリーの歴史』 南塚信吾 河出書房新社

『ハンガリーの建築スタイル紀行―ジョルナイ工房の輝き』

パルフィ・ジョージ デーヴェーニー・シャーンドル チェンケイ・エーベニー INAX出版

『ロシア、中・東欧ユダヤ民族史』ブレブク・アニコー著・寺尾信昭訳 彩流社

『ユダヤ人の成功と悲劇-資本主義と民族主義への対応-』ジェリーZ.ミューラー著 千葉啓恵訳 一灯社

『ハンガリーを知るための47章』羽場久浘子編集 明石書店

『博覧会の政治-まなざしの政治学』吉見俊哉著 中公新書

『改訂版 万国博覧会―技術文明的に―』吉田光邦著 NHKブックス

『大英帝国博覧会の歴史』 
松村 昌家著 ミネルヴァ書房

『ハプスブルク帝国の鉄道と汽船』 佐々木洋子著 刀水書房

『皇妃エリザベートを
巡る旅』沖島 博美著 河出書房新社

ほか

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 1000万円台でつくるデザイナーズ注文住宅‼②
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第9話
  •  タムさんのお話 ㉘ 「種は小舟に乗って風に舞う」
  •  タムさんのお話 ㉘ 「種は小舟に乗って風に舞う」
  •  タムさんのお話 ㉘ 「種は小舟に乗って風に舞う」
  • 避難勧告発令!「大丈夫、 大丈夫」は、ほんとに大丈夫? ハザードマップと  避難所運営ゲーム③
  • 避難勧告発令!「大丈夫、 大丈夫」は、ほんとに大丈夫? ハザードマップと  避難所運営ゲーム③
  • 避難勧告発令!「大丈夫、 大丈夫」は、ほんとに大丈夫? ハザードマップと  避難所運営ゲーム③
  • 避難勧告発令!「大丈夫、 大丈夫」は、ほんとに大丈夫? ハザードマップと  避難所運営ゲーム③