京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
*前回までのお話⇒第1話

 自ら農家に足を運び、納得できるお茶を仕入れて販売する「にほんちゃギャラリーおかむら」の店主・岡村友章さんの第2話。
 仕事に閉塞感を覚え始めた岡村さん。悶々とする日々を送る一方で、イベントに呼ばれたり、定期的なマーケットに出店したり、日本茶インストラクターの認定試験に向けて勉強をして試験を受けたりと、お茶の世界は広がるばかり。
 日本茶インストラクターは、日本茶文化の継承と普及を目指し、日本茶の指導者を育成するために『日本茶インストラクター協会』が行う試験により得られる資格。年1回、筆記と実技の試験があり、もちろん岡村さんは合格。
 そんな生活が大きく変わる出来事が起こります。

➊お茶と仕事のはざまで
研究センターに勤務して3年が経った頃から閉塞感を感じ始め…。

おかむら1

❷悶々とする日々に朗報が!
会社を辞めようと一度は決心したものの、生活のことを考えて踏みとどまります。そんな中、奥様が出産。岡村さんは1年間の育児休業に。子育てとお茶中心の暮らしは一生の宝物になりました。

おかむら2

おかむら3

➌確固たる決意で退職
奥さまの理解も得、退職を決意。復帰数カ月前に上司を訪ね…

おかむら4


❹堂々と「お茶屋です」
すでに名乗っていた「にほんちゃギャラリー おかむら」として開業届を提出し本格的に開業。

おかむら5

❺日本茶って何者?◆お茶の起源と分類
日本自生説もありますが、中国からの伝来説が有力。お茶は発酵させるかさせないか、その発酵が微生物によるか生葉中の酸化酵素によるかで4種類。

おかむら6

◆できるまでの違いで分類
栽培・加熱・加工・再加工方法の組合せや違いで分類。

①栽培「あびる? あびない?」
収穫まで日光をあびる露地栽培とわらなどで日光をさえぎる被覆(覆下)栽培があり、さえぎる光の分量、期間でも分かれます。

おかむら7


②加熱「発酵阻止の手段は?」
加熱で発酵を止めることを「殺青」といい、蒸す・炒る・煮る・焼くの4種。効率の良い「蒸す」が多勢で、岡村さんが扱う多くは『釜炒り茶』。

③加工「揉むの?揉まないの?」
殺青後、葉を傷つける、水分を絞りだすなどの目的でいくつもの「揉む」作業を行い、「乾燥」へ。この「揉む」の有無で分類。

おかむら8

④再加工
「香ばしさをプラス」
煎茶などの緑茶をさらに焙煎したのが「ほうじ茶」。煎ったお米(ほぼ白米)を緑茶にブレンドしたものが「玄米茶」。

おかむら9


❻岡村さんが選ぶお茶は?
生産者を訪ねて選んだ結果、原則的にブレンドされていない種から育った在来種で、栽培中に農薬不使用のもの、無肥料かあるいは有機肥料で土地の力を活かして育ったお茶が中心に。どんなお茶かは作業工程とともに次号で紹介します。 続⇒第3話

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 仮設 足場とシートの役目
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第7話
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』