京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
 ほとんどの方が日々、日本茶を飲んでいると思います。どこでどんなお茶を買って、どのように飲んでいますか?

 大山崎や島本は、お茶にゆかりのある地域ですね。有名な茶室があり、茶道としてお茶を嗜む方も多いでしょう。

 かつて乙訓がお茶の産地だったこともあります。明治時代前半では大山崎荘(離宮八幡宮の領地)の特産物の一つでした。竹・筍よりも出荷が多く、米に次いで出荷額が2位の時期もありましたが、1902年(明治35年)には出荷はなくなっていました。

 さて、今回紹介する岡村友章さんは、自ら農家に足を運び、納得できるお茶を仕入れて販売する「にほんちゃギャラリーおかむら」の店主さんです。島本町出身で、奥様と小さなお子さん二人と島本町で暮らしています。

 実店舗はありません。ネットやイベントでの販売、雑貨店や飲食店などさまざまなお店を通じての販売を行っています。

茶葉


 「なぜ日本茶なんですか」とよく聞かれるそうです。それに加えて、サラリーマン生活を捨てての開業、店舗なしのスタートについてなど、伺いたいことは尽きません。何が岡村さんを突き動かしたのか。まずは、お茶の販売を行う以前のお話から伺います。

*参考文献「大山崎町史」「京都府茶業百年史」


①就職活動
外資系企業への就職活動をしていた岡村さんでしたが、
違和感を感じて公務員へと方向転換。

岡村さん1


岡村さん2

1年後、国際日本文化研究センター(日文研)に就職。
最前線を行く研究者をそつなくサポートし、26歳で結婚。
公私ともに順調な日々。

②故郷を見せてあげたい
骨折がもとで闘病生活を送ることになった祖父。
話せば出るのは故郷の話。
岡村さんは代わりに故郷を見てこようと徳島へ。

岡村さん3


③不審な男になる
徳島にある故郷はいわば限界集落。実家はすでに廃屋。
見知らぬ男の出現にお隣のKご夫妻は怪訝な様子…。
岡村さん4

④その家だけのお茶
事情を話すと笑顔に変わり「あがれ、あがれ!」
そこで出された煎茶は、昔から祖父が語っていた故郷の各家庭で作られたお茶。
最初は「普通の味」。でもじっくり味わえば
「こんなにおいしいと感じたお茶は今もないです」。

岡村さん5

⑤お茶を追及し始める
いろいろな産地を訪ね、お茶や暮らしのことを聞いたり、
お茶を取り寄せたり。

岡村さん6

⑥コラボでお茶を淹れる
知人を通じてオリジナルいなりずしを作る方と知り合い、
京都のカフェでコラボ。これがきっかけになり、さまざまなイベントに参加。

岡村さん7


⑦初出店で茶葉が大売れ
地元の市に誘われ、お茶の葉を売ることに。
手作りの袋にお茶を詰めて販売。

岡村さん9


岡村さん8

岡村さん10

一方で、岡村さんは仕事に閉塞感を覚え、
悶々とする日々を送っていました…。
次号へ続く⇒第2話
にほんちゃギャラリー


Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 仮設 足場とシートの役目
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第7話
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』