京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
*前回までのお話はこちら⇒第1話
 ヘレンドに製陶所(以降へレンド)を開き、磁器作りへの挑戦も始めたヴィンツェ。資金繰りに苦しむ彼の前に現れたのは。

 「さまざまな商いを経て、製陶所を経営していたユダヤ人のモール・フィシェル。1839年、その製陶所の賃貸契約が切れたところにヘレンドの話を知る。彼は最初は資金援助をしていたようやが、結局ヘレンドを買収する形になった。

 昔からヨーロッパの国々は、ユダヤ人の職業や居住地などを制限したり、逆に保護政策をとったりの繰り返し。その頃のハンガリーでも、職業の制限や事業所の所有を認めないなどの制限があったが、1840年に法律が改正される。

 しばらくは現場を仕切っていたヴィンツェやったが1841年、ヘレンドを去り、名実ともにモールがヘレンドを担っていくことになったんや。彼はクリームウェアの製造と並行して有能な技術者を招いたり、ボヘミア(現在のチェコ共和国)の磁器の中でも質・人気ともに高いブランドの作品を模倣したりしながら、磁器の製造技術を極めていった。

 オーストリア政府による自国産業の保護や高関税率などで、ハンガリーの産業は低迷。オーストリアからの独立をめざす政治家たちは国の産業を盛り立てようと、1842年に第1回ハンガリー産業博覧会を立ち上げた。ヘレンドは、念願だった『帝室・皇室認可磁器製作所』として出展したんや」。  つづく⇒第3話

ヘレンド第2話

直輸入ブランド洋食器専門
ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557   HP  http://www.le-noble.com/ 



Vol29_ヘレンド

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 有田陶業側面史(明治編)
  • 宝石への欲望はないけれど
  • 宝石への欲望はないけれど
  • 1000万円台でつくる デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器―ヘレンドと万国博覧会―第8話
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』