京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
こどももおとなも 絵本といっしょに 
ほっとひといきつけるじかんを

 こんにちは。生涯をかけて子どもたちのために作品をつくりつづけた絵本作家「かこさとし」さん。今回はスペースが小さいので、かこさんが残されたことばのなかからいくつかをご紹介してシリーズ(かこさとしさん① かこさとしさん②)の締めくくりとしたいと思います。

 「子どもたちも自分たちが生きている世界の姿、実体を知りたがっているのです。どういう仕組みで動いているのか、成り立っているのかを知りたいと思っている。」「子どもという生き物は、それぞれに自分でも気づかない鉱脈を秘めているのです。それに気づかせてやれば、そこから一気に花開いていく力を持っているものです。」(『未来のだるまちゃんへ』より)

 「僕が繰り返し『大勢』を描くのは、自分が世界の中心だとはとても思えないからです。この世界は多様であり、自分はどこか端っこにいる。でも、『はしっこでも世界の中なんだ』と言いたいのだと思います。」「大人にあまり頼らず、大人の人の様子をよく観察して、『ああ、これはいただきだ! これは僕のお手本になるぞ! こういう大人のあれはあんまり良くないな』とそういう批判の目をちゃんと持ちながら、自分で自分を鍛えてください。」(『ちっちゃな科学』より)  おわり

(参考文献)
『未来のだるまちゃんへ』かこさとし/文藝春秋、『ちっちゃな科学 好奇心がおおきくなる読書&教育論』かこさとし+福岡伸一/中公新書ラクレ

(プロフィール)
ライター/えほん講師 なが田ゆう子
『絵本とおはなし どんぐりん』として、大山崎中央公民館図書室で隔月水曜日におはなし会をしています


IMG_20180725_181840

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 36協定について ➌
  • ナイスリビング「いえ友クラブへどうぞ」
  • ナイスリビング「いえ友クラブへどうぞ」
  • ルノーブル亭主の徒然なるままに『あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―序話』
  • ルノーブル亭主の徒然なるままに『あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―序話』
  • ルノーブル亭主の徒然なるままに『あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―序話』
  • ツム・グ・ハグ  お仕事図鑑 『竹垣職人❹』
  • ツム・グ・ハグ  お仕事図鑑 『竹垣職人❹』
  • ツム・グ・ハグ  お仕事図鑑 『竹垣職人❹』