京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
おはようございます、大山崎はぐです

昨日はゆっくりお休みを過ごされましたか。
僕は、図書館に本を返しに出かけたんですが
目の前をかなりぎりぎりに
2匹のツバメさんが交互によこぎってのけぞっちゃいました。

さて、今日はくすのきさんの肩たたきのお話、最終回です。
前回はこちら⇒第1話 第2話



その肩たたきは 有効か? 無効か?❸

 退職勧奨と解雇についてお話しましたが、退職勧奨が退職強要にならないための大きなポイントは、回数と時間等です。
 参考となる判例があります。 
【全日空事件大阪高裁】平成13年3月 
キャビンアテンダント(以下CA)がタクシー事故で頚椎捻挫により休職。復職に関して5人の上司から4か月に渡り30数回の退職勧奨を実施された。 
 会社はCAを退職に追い込みました。そこで納得のいかないCAが裁判所に訴えたのです。そしてこの退職強要は違法であり、精神的損害に対する慰謝料として80万円の支払いを命じられました。 
 このような結果にならないために大切なことは何でしょうか? 
①退職勧奨に至った経緯(退職勧奨事由)②退職するにあたっての優遇策(割増退職金等)を誠意を持ち、プライドを傷つけないように伝えることです。
 会社の上から目線もトラブル発生原因の1つです。社員からすれば、退職の場面では社長も上司もありませんから。そこでの感情のもつれが、トラブルに発展するケ
ースが多いのです。
 次回は、記憶に新しいパワハラ・過労死に関するあの事件を検証します。

☎&📠075-954-9080

社会保険労務士 楠 木 仁 史

大山崎町下植野宮脇1-22

 IMG_20180328_174446

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 1000万円台でつくる ③ デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第10話
  • 知ってる?科 補足編『代表的日本人』上杉鷹山
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
カテゴリー