京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
おはようございます、大山崎はぐです。

今日は、3回にわたってお送りしました
宮崎俊一さんの最終話です。

昨年4月の第1話から始まり、第2話第3話
そして今回と、気が付けば1年近くにわたって
お送りしました宮崎俊一さんのお話、最終回です。

私たちに何かしら影響のある自然を守るために
どんな活動をしているのか知り、
私たちもできることを考えてみます


『まちのコダワリキワメタさん』シリーズ2
乙訓の自然と生きものを守って34年
 代表 宮崎俊一さん④(最終話) 

 前号では、世界や企業、『乙訓の自然を守る会』の
生物多様性を守る取り組みを紹介しました。今回もその続きです。
 
    私たちは多くの人工的なものに囲まれて暮らすようになり、
自然からの恵みを忘れがちです。子どもたちは、
大人が意識して機会を作らないとなかなか
自然にふれあえなくなってきました。

 学校に「『遠足で自然とふれあえるスポット三カ所ほどを
当会が案内しますよ』と伝えても、ほとんどが長岡天神公園など
けがの心配がない無難な場所に出かけます。
未来を背負う子どもたちが自然とふれあう経験をしていなければ、
多様な生態系を守ろうという気持ちになれるだろうか」
と宮崎さんは心配します。
 
    ビオトープ(生きものがありのままに生き、活動できるように
再現した場所)を作る学校もあると聞きますが?

「ビオトープを作るにしても、乙訓に生息する生きものを選び、
それが育つ環境を調べてビオトープを工夫することが大事です。
それが地域の生きものや自然への愛着につながるんですよ。
ただきれいとかかわいいからということでむやみに
地域にないものを持ち込むのはよくないと思います」。

 では、地域の生きものや自然への愛着につながる
取り組みをみてみましょう。


宮崎さん❹_1_Vol20


宮崎さん❹_2_Vol20


宮崎さん❹_3_Vol20

18-02-21-16-03-39-318_deco

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 仮設 足場とシートの役目
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第7話
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』