京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
おはようございます、大山崎はぐです。
今日は、ル・ノーブル亭主のお話です。

作品や販売方法につぎつぎと新手法を取り入れるジョサイアさん
さて、今回は…


ル・ノーブル亭主の徒然なるままに
『女王陛下の陶工』と呼ばれた男 ~天ハ自ラ助クル者ヲ助ク~ ❺
 
 ジョサイア43歳、 エカテリーナ二世も虜にする 

 右脚切断の不運はあったものの、
「女王陛下の陶工」の称号を授かり、新工場も建ち、事業は順調。
そこへある女王陛下から注文⁉
女王陛下って誰です?

「ロシアのエカテリーナ二世や。
イギリス大使のパーティーに招かれ、ウェッジウッドのクイーンズ・ウェアを目にし、
1770年に「ハスク・サービス」と呼ばれるディナーセットを、
3年後にはチェスミー宮殿用に50人分のディナーセット
「フロッグ・サービス」を注文したんや。

 ジョサイアは、「フロッグ・サービス」すべて(952または944点)のピースに、
宮殿にすむ蛙とイギリスの風景1222(または1224)点を描き、1774年に完成させたんや。
納品する前にロンドンのショールームで、のちに世界三大ディナーセット
(二つはロイヤルコペンハーゲン「フローラ・ダニカ」、
マイセン「スワン・シリーズ」)の一つと言われるその姿を披露。
貴族、市民、シャーロット王妃も訪れたで。

 ジョサイアはクイーンズ・ウェアを通じて、
人を接待する機会が多い大使や外交官が、
ウェッジウッドの食器を買えば、おのずと宣伝されることに気づいた。
また、「フロッグ・サービス」の利益はわずかだったが、
自分より豊かな人や有名人と同じものを持ちたくなる
人の心理を考えれば、宣伝効果は抜群。
王妃仕様の商品を大量生産できるデザインや工程に改良し、
4カ国語の宣伝用カタログも作り、世界へ普及させたんや。

 一方、『初日の壺』で使った『ブラック・バサルト』に、
古代遺物を取り入れたデザインの製品開発も進んだで」。つづく 


女王陛下の陶工❺イラスト


直輸入ブランド洋食器専門
ノーブルトレーダース株式会社
本社 〒617-0823京都府長岡京市長岡2丁目1‐15  
Tel 075-205-5170 Fax 075-957-7557 
 


18-02-21-16-03-08-145_deco




Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 有田陶業側面史(明治編)
  • 宝石への欲望はないけれど
  • 宝石への欲望はないけれど
  • 1000万円台でつくる デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器―ヘレンドと万国博覧会―第8話
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、ほんとに大丈夫?『ハザードマップと避難所運営ゲーム②』