京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
おはようございます!大山崎ハグです。

今日は、Vol.16最後の記事紹介

お待たせしました、U子さんの絵本のお話です。


絵本でひといき『赤ちゃん絵本 ③ わらべうた』

子どもにも大人にも『絵本』と一緒に、ほっとひといきつける時間を
ライター/えほん講師 なが田ゆう子

 こんにちは。秋も深まってきましたね。どんぐりにくだもの。運動会やお祭り。虫にきのこ。秋は季節の絵本も盛りだくさん。
 そんな秋なのに、今日のテーマは「わらべうた」?と、思われた方もいらっしゃるかもしれません。でも実は、わらべうたと絵本は切っても切れない関係。メロディーとともに耳に入る言葉は、赤ちゃんにとってとても心地の良いもの。ここから、絵本への興味へとつながっていくのです。
 でも、わらべうたなんて古臭くて曲調も暗いし、今の子どもはには合わないんじゃ…。そんなことはありません。やさしい言葉とゆるやかなテンポは、赤ちゃんばかりか、歌う側の大人の気持ちもほっとさせてくれるんです。
上がり目下がり目
 赤ちゃんをあやすときはもちろん、おむつ替えや寝かせるとき、わたしたちは言葉にちょっと節をつけたり、リズムをつけて揺さぶったり、知らない間に毎日の子育てに歌や音楽を取り入れています。わらべうたはそんな日常の「語りかけ」から自然に生まれ、歌い継がれてきたもの。譜面もなく、同じ歌でも地域によって節回しや音程が違うこともあります。だから、自由に歌ってOK。どこかで聞いたうろ覚えのメロディーでも、どんどん口ずさんでみてください。
 からだを使って遊びながら行うものも多いので、ぎゅっと抱っこしたり、こちょこちょしたり、スキンシップも深まりますよ。

■おすすめわらべうたの絵本

「いたいいたいはとんでいけ」松谷みよ子・佐野洋子偕成社 


「ねんねこさっしゃれ」ひぐちみちこ 




「あがりめさがりめ」ましませつこ

 

「ひらいたひらいた」わかやまけん ともにこぐま社





■今月の1冊『まいごのどんぐり』松成真理子/童心社
 



子どもたちの大好きな「どんぐり」。この絵本の主人公「コウくん」も、拾ってきたどんぐりに「ケーキ」と名前をつけて、一緒に遊んだりするくらい大大大好き。ところが、その大事な「ケーキ」がかばんから落っこちて迷子になってしまいます。季節が移り、時が移り、あたりの風景もすっかり変わってしまったある日、木となったどんぐりは再び出会うのです。そう、かつての大切な人と—。

まいごのドングリ_1


どんぐりん

(プロフィール)ライター/えほん講師 なが田ゆう子
子育てのなかで出会った絵本の魅力にはまりNpO法人「絵本で子育て」センターで学ぶ。現在はフリーランスの『えほん講師』として読み聞かせやおはなし会、絵本講座などを開催



ところで、僕がわらべ歌にあわせて
「あーがりめ、さーがりめ、ぐるっとまわって何の目?」と歌っていますが、
何の目だったのか、知ってます?


あかちゃん絵本❸_ツムグハグVol16_カラー

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 1000万円台でつくる ③ デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第10話
  • 知ってる?科 補足編『代表的日本人』上杉鷹山
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
カテゴリー