京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。

おはようございます!大山崎ハグです。

さて、今日は「ル・ノーブル亭主の徒然なるままに」のご紹介

今号から新たなシリーズが始まりました。

あまり陶磁器ブランドを知らなかった僕でも
このブランドのストロベリー柄の食器をみて
「これはウエッジウッドだよね」と言えましたね。

そのイギリスの陶磁器ブランド『ウエッジウッド』の創始者、
ジョサイア・ウエッジウッドの歴史をたどります。


『女王陛下の陶工』と呼ばれた男
~天ハ自ラ助クル者ヲ助ク~

 亭主様、今月から始まるお話は?
 「父を早くに亡くし、学校には3年しか行けず、そのうえ天然痘で右足に障害を負い、のちに切断。そのような度重なる不運もものともせず、陶工職人から技術者・デザイナー・企業家と何役もこなし、世界で名だたる英国陶磁器メーカー『ウェッジウッド』を作ったジョサイア・ウエッジウッド(以降ジョサイア)の話をしよか。   
     ジョサイアは、1730年、イギリス・スタッフォードシャーにある陶芸のまちで、3代続く陶窯の家に13番目末っ子として生まれた。
 6歳になると7マイル離れた学校へ喜んで通っていたが、9歳の時、父が死去。ウエッジウッド家はあまり裕福ではなく、ジョサイアは学校を辞め、窯を継いだ兄トマスの下で働きながら、陶芸を学んだ。
 12歳の頃、天然痘にかかり、右ひざに後遺症が残ってしまう。足で蹴って回すろくろの時代、足のけがは陶工には致命傷。しかし彼は努力家で、練習を重ねたんやろう、人並み以上に回せるようになっていったんや。
 14歳の時に、兄と5年の徒弟契約を結び、さらに技術を身につけるんやが、その間に再び右ひざが悪化。ついにろくろを回すことができなくなってしまったんや。しかし、ジョサイアはめげることなく、職人を雇い、陶磁器工房を開くことを目指すようになった。
 兄との契約が終了し、共同経営を申し込んだが断られたようや。その後、地元を離れ、知人と共同経営を始めたが2年で解消。なんとも不運続きのようにみえるが、これがバネとなったのか彼は突き進んでいくんや」つづく


ウエッジウッドimg




IMG_20170927_092802 (1)


 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 仮設 足場とシートの役目
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第7話
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  •    タムさんのお話 ㉖『アゲハ養成所』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』
  • 避難勧告発令! 「大丈夫、大丈夫」は、 ほんとに大丈夫?『ハザードマップと 避難所運営ゲーム①』