京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
今日発行しましたよ、Vol.14

お目にかかっていただきましたかね~^^ 

恒例の各記事のご紹介は明日から始めますので
まだお手元にない方、遠方の方はお楽しみに。

今日はですね、タムさんの天王山情報をご紹介。

先月号に掲載したモリアオガエルのお話
『白いふわふわ』、覚えていますか?

Vol.14の締め切りを次の週に控え、
タムさんからモリアオガエルの
一報と写真をいただいていたんですよ。
早く紹介したいなってうずうずしてました。

タムさんのお話を交えながらお届けします。



ちょうど1週間前、
なかなか降らなかった雨がやっと降ったその翌日

Mori

タムさんが天王山の池を見に行くと
鮮やかな緑色のカエルさんたちがこのように…


moriao3



moriao1

からまってる…
カエル君たち、どうなってるんですか?
1匹のガール争奪戦、恋の季節ですか!?


タムさんいわく
「おとといの雨が降るまでこの池には水がほとんどなかったので

ここぞとばかりカエルたちが夢中で産卵していました。
真ん中に大きなメスがいてオスたちが群がっています。」

恋して、すぐに産卵なんですね。

昼間に産卵中のモリアオガエルが見られるのは珍しいそうで、
タムさんも産卵中を観察したのは初めてだそうです。



そして「生」があれば、「死」もやってきます。

*最後に写真があります。

「白いふわふわ」では、アカハライモリがオタマジャクシたちを待ち構えていましたが…

ひと話咲かせましょうイラスト2


翌日、再び天王山に行ってみると

ヘビが大きなモリアオガエルに巻きついて、

飲み込もうとしているところにであったそうです。

ヘビがカエルを捕食しているところを見たのも
タムさん初めてだったそうです。



いつも、タムさんも言っていますが

命をつなぐ。
これが自然の日常なんですね。





シマヘビの捕食1










Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 天王山てくりふらりー乙訓の自然と生きものを守って34年 『乙訓の自然を守る会』 代表 宮崎俊一さん③
  • 天王山てくりふらりー乙訓の自然と生きものを守って34年 『乙訓の自然を守る会』 代表 宮崎俊一さん③
  • ツム・グ・ハグお仕事図鑑『篠笛奏者 森美和子さん②』
  • ツム・グ・ハグお仕事図鑑『篠笛奏者 森美和子さん②』
  • ツム・グ・ハグお仕事図鑑『篠笛奏者 森美和子さん②』
  • はぐ君と こよみ 暮らし『師走』
  • 天王山で ひと話 咲かせましょう タムさんのお話⑨『メジロは 甘い汁が大好き』
  • 天王山で ひと話 咲かせましょう タムさんのお話⑨『メジロは 甘い汁が大好き』
  • ナイスリビング『台風・大雨の後でする事』