京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。
おはようございます!大山崎はぐです。

お仕事再開1日目となった昨日は、いかがでしたか?
僕から言わせれば、chipuiさんはほとんどエンジンかかってなかったですね。
みなさんは、そんなことはなかったことでしょう^^

さて、今日の記事紹介は『第3の窯』です。
ジノリ家の皆さんは、よく研究し、工夫し、よく働きますね。
今回は、万国博覧会や日本の岩倉具視使節団も登場しますよ。
ウィーン万博当時の新聞には、日本庭園を造る職人たちの姿が紹介され
とても話題になったようです。
では、お楽しみください。



 ドッチア窯(現リチャード・ジノリ)の工場変革は止らない! 
 「1791年、ロレンツォが亡くなり、まだ若かった息子のカルロ・レオポルド・ジノリ(以降レオポルド)は、しばらく母に経営を任せ、祖父や父と同様、各地の窯を回り、技術的な知識を蓄えてから帰国。高さ12mにもなる窯を造ったり、1801年には初の直営店をフィレンツェに開き、市民も磁器を手に出来るようにしたんや。
 フランス革命、ナポレオン戦争とヨーロッパが大きく動いた時代で、芸術の世界ではネオクラシズム(新古典主義)が主流となり、有名画家のフレスコ画や油絵の複製やシンプルで直線的な『インペロ』様式のデザインなどが登場した。
 1837年、レオポルドが亡くなってからは、幼い息子ロレンツォ2世ジノリ・リーシ(以降ロレンツォ2世)に代わって、レオポルド夫人が約10年間工場を運営した。
 のちに成長したロレンツォ2世はフランスに渡り、磁器に関わる学問や技術を習得。ドッチアに戻り、工場を引き継いだ。
 その数年後、パオロ・ロレンツィーニ(以降パオロ)を工場長に抜擢。パオロは、工場のさらなる改良や数々の万国博覧会への出展に尽力。以来、重要な役を担うんや。
 またロレンツォ2世は、職人たちへ年金や保養所を用意するなど福利厚生も整えたんや。こうした彼の数々の手腕によって工場は大発展していったんやな。
 そうそう、1873年のウィーン万博には日本も参加。閉会後に岩倉具視使節団がドッチア窯を見学してるで」。つづく

ジノリ_ウィーン万博イラスト
 
リチャードジノリ第3の窯
 
 

Add Comments

名前
URL
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 絵本で ひといき『赤ちゃん絵本① 「顔」と「声」』&今月の絵本「新版 祇園祭」
  • 絵本で ひといき『赤ちゃん絵本① 「顔」と「声」』&今月の絵本「新版 祇園祭」
  • 絵本で ひといき『赤ちゃん絵本① 「顔」と「声」』&今月の絵本「新版 祇園祭」
  • ル・ノーブル亭主の徒然なるままに『第3の窯―温故創新❻』
  • ル・ノーブル亭主の徒然なるままに『第3の窯―温故創新❻』
  • タムさんのひと話さかせましょう 今月2話目の「真夏のエノキと空飛ぶ宝石」
  • タムさんのひと話さかせましょう 今月2話目の「真夏のエノキと空飛ぶ宝石」
  • タムさんのひと話さかせましょう 今月2話目の「真夏のエノキと空飛ぶ宝石」
  • タムさんのひと話さかせましょう 今月2話目の「真夏のエノキと空飛ぶ宝石」