京都と大阪の府境にある小さな町・大山崎町で、リトルプレスやチラシを作る『大山崎リトルプレイス』での日々
今日もリトルプレス『大山崎ツム・グ・ハグ』の制作に励んでます。。。

おはようございます!大山崎はぐです。

久しぶりに登場の『ル・ノーブル亭主の徒然なるままに」は
舞台をイタリア・フィレンツェに移し、連載開始です。

マイセンの時(『カオリンと錬金術師とシノワズリ』)は、ドイツ・ドレスデン、

ウィーン磁器工房アウガルテン
『ハプスブルク家とお茶碗と砂糖菓子』)の時は、オーストリア・ウィーン、

そして今回『リチャード・ジノリ』はイタリア・フィレンツェ。

「あー、飛んでいきたーい」と毎回叫ぶ僕たち。 

これからもどんどん行きたいヨーロッパのまちが
増えていくのはうれしい反面、
日本で地団駄を踏むジレンマに悩まされそう。

『マイセン』の資料や本は豊富だけれども
『アウガルテン』や『リチャード・ジノリ』の
日本語版の本や資料は少なく
英語も何もできない僕たちが自動翻訳を頼りに
英語やイタリア語の文献にあたるも
ちんぷんかんぷんな日本語訳に撃沈。
結局、一単語づつ翻訳機にかけて
言葉をつなぎエピソードを確認したり、探ったり。

しかし、締切とのせめぎあいの中、
没頭してしまえば
ヨーロッパを旅する贅沢な時間。
中世の街並みも人物も魅力てんこ盛りで
「時間よ、止まってんかー!」と
しばし叫ぶのでありました。

では、過去の栄光となってしまった
ルネッサンス文化の中心都市フィレンツェで
マイセンやウィーン磁器工房の成功を見たジノリ伯爵家が
過去の栄光を取り戻すべく始めた
リチャード・ジノリ工房の歴史をお楽しみください。

 
リチャードジノリ

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 1000万円台でつくる ③ デザイナーズ注文住宅‼
  • あつらえの器 ―ヘレンドと万国博覧会―第10話
  • 知ってる?科 補足編『代表的日本人』上杉鷹山
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
  • ハザードマップと避難所運営ゲーム④
カテゴリー